ストレッチのダイエット効果は捨てたもんじゃない

ストレッチダイエット効果ストレッチはジョギングなどの有酸素運動に比べると、そんなにしんどくないイメージですが、ストレッチのダイエット効果は捨てたもんじゃありません。

ストレッチを続けると血行促進効果もあり、体の代謝は徐々に上がってきますし、健康的な身体を維持するのに役立つので、ストレッチは日常生活に是非取り入れたいところ。

でも、毎日はやっぱり面倒くさーい!という人は多いですよね。

なので、テレビを見ながらストレッチするのをオススメします。では、ストレッチの具体的な方法を紹介します。




下半身にきくストレッチ

04_01

※引用:http://www.asajikan.jp/

 

下半身に効くストレッチです。
このストレッチを行う事で、下腹部・太ももの引き締めが期待できます。
また、背中~肩の柔軟性があがるので、背中のラインがすっきりし、スタイルが良くなる効果もあります。

 

肩こり解消にもなる、肩甲骨ストレッチ

nobineko
※引用:http://www.tomonagayoga.org/

 

四つん這いになって、お尻を高く上げた状態をキープ。
両腕をぐーっと前に伸ばして、背中の肩甲骨の筋肉が伸びているのを感じる位置で、20~30秒キープします。

 

肩甲骨ストレッチをすることで、姿勢もよくなりスタイルがよくなりますし、バストアップ効果も見込めるので、コツコツ続けましょう~。

 

お腹まわりを鍛えるストレッチ

ph3

※引用:http://wol.nikkeibp.co.jp/

ぽっこりお腹解消に役立つストレッチです。

画像のような姿勢で、脇腹の筋肉が伸びているのがわかる所で、20~30秒くらい静止しましょう。

それを左右交互に2セットずつするのをオススメ。

出来る人は、脚を上げた状態で上下に動かしましょう。より効果が上がりますよ!

 

本格的にやるならゴムチューブを使おう

本格的にやる場合はゴムチューブを利用しましょう。輪っか状になっているゴムチューブを両足に通して、このストレッチ方法をやるだけです。より効果がありますよ!

 ゴムチューブはこういう奴です!

 

ストレッチをする上でのポイント

ストレッチダイエット効果反動をつけずゆっくり行う。気持ちの良い体制をキープしましょう。

痛みを感じるまではしなくてOK。ああ~、伸びてる伸びてるぅ、とわかる所でOK。無理をする必要はありません。

お風呂あがりに行うとより効果アップ。身体が暖まって代謝も良いので、ストレッチをするのに最適です。

 

ストレッチはできれば30分以上やるのが理想的ですが、なかなか難しいと思うので、無理の無い範囲で継続してみましょう。リラックスして、気持ちよくストレッチするのが大事ですよ!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています