えっ、これダメなの!?グリーンスムージーと相性の悪い食材

グリーンスムージー食材グリーンスムージーは葉野菜の持つ栄養素を果物と一緒に効率よく摂り入れるのを目的とした飲み物です。

栄養があるからと、相性の悪い食材を入れてしまうと吸収が遅れる原因になったり、腸内でガスが発生したりする可能性があるので注意が必要です。

どういう食材をグリーンスムージーに入れるべきでないかチェックしておきましょう。




でんぷん質の野菜はグリーンスムージーにNG

グリーンスムージー食材キャベツやにんじん、ブロッコリー、ズッキーニ、トウモロコシ、などのでんぷん質を含む食材はグリーンスムージーにするには良くない食材。

でんぷん質を含む野菜は果物との食べ合わせが悪く、消化・吸収の効率が落ち、腸内でガスが発生しやすくなると言われています。

 

グリーンスムージーは基本的に葉野菜と果物のみ

グリーンスムージー食材アサイーボウルと似たような感覚で、ナッツやグラノーラなどをグリーンスムージーに入れているのを目にしますが、これも良くないと言われています。

消化・吸収が遅れて、栄養素を摂り入れるのが遅れる原因になるので、基本的には葉野菜と果物のみで作るようにしましょう。

 

グリーンスムージーにたくさんの材料を入れ過ぎない

グリーンスムージー食材たくさんの種類の葉野菜と果物を入れることは、栄養素を摂り込むのが阻害されたり、胃や腸に負担をかける原因になる事も。

たくさん入ってるほうがいいでしょ、と色々入れすぎるのは逆効果なので要注意です。一回ずつのレシピでは使う材料はシンプルに少なめに作りましょう。

その代わりに、日によって使う野菜や果物を変えるなど、ローテーションで変化をつけるのがオススメです。

 

えっ、これダメなの!?グリーンスムージーと相性の悪い食材 まとめ

調べてわかりましたが、ナッツやグラノーラが相性が悪いとは以外ですよね。食事としての相性が良くても、健康や美容に良いとは限らないという事なので注意しましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています