忙しい人でも続く!グリーンスムージー作りを時短するポイント

グリーンスムージー時短グリーンスムージーを作るのって結構手間ですよね。材料を準備して、野菜のへた取ったり、果物の皮向いたり、忙しい朝に作るのは大変。

つい面倒なのが勝ってしまって、グリーンスムージー作りをやめてしまう・・・。そんな経験がある人も多いんじゃないでしょうか。

ここではそんなグリーンスムージー作りをできるだけ時短して作る為の工夫を紹介したいと思います。




手でちぎれる野菜で作ろう

グリーンスムージー手間時短平日の忙しい朝は、ほうれん草などの手でちぎれる葉野菜を使いましょう。

サッと洗って手でちぎってミキサーでガシャガシャするだけなら簡単にできます。

休日ならば時間がかかっても問題ありませんが、時間のない平日の朝に作るレシピは、準備に時間のかかりにくい物を選ぶようにしましょう。

 

果物など冷凍できるものを冷凍しておく

グリーンスムージー手間時短忙しい朝は果物の皮を一々剥いたりするのは非常に手間です。

なので、冷凍保存できるものは、皮を剥いて冷凍しておきましょう。ジップロックなどに1回分ごとに小分けして保存しておくと便利。冷凍庫が広い人は1週間分を冷凍保存しておくといい感じですね。

朝起きてすぐに取り出して、身の周りの準備をしてる内にいい感じになってきます。冬場などなかなか解凍されない時は、軽くレンジでチンでOK。

冷凍する時のポイントはとにかく空気を抜くことです。ジップロックの袋などに空気を抜いて保存しましょう。この冷凍保存法なら葉野菜などもOKです。

 

バナナをカットして冷凍しておくと便利!

私は良く小松菜を使うのですが、小松菜を手でちぎって冷凍バナナを使って作れば、まな板や包丁など洗い物がでませんし、グラス一体型のミキサーを使っているので、グラスを洗えばOK!

忙しい朝でも簡単に作れるので、ほんとオススメです。

 

ハイパワーなミキサーを使う

グリーンスムージー手間時短ご存知の方も多いと思いますが、ハイパワーなミキサーだったり、フードプロセッサーであれば、皮ごとグリーンスムージーにする事が可能です。

実はみかんの皮やキウイの皮、ブルーベリーの皮などは食物繊維やポリフェノールが豊富で、栄養価が高かったりします。

皮ごとガリガリとスムージーにできるなら、手間も減らせる上に栄養価も高くてオススメ。ただ、高性能なミキサーが必要になるので、ミキサーに投資できる人向けですね。

グリーンスムージーを自作したい人にオススメのミキサー
当サイトは置き換えダイエットの方法としてグリーンスムージーを推しているわけですが、手間がかかってもグリーンスムージーを自作したい!という人も多いかと思います。やっぱり毎日新鮮な野菜……

 

以上、グリーンスムージー作りの時短の方法でした。時短のコツは作る手間を省く、片付けの手間を省く、の2つ。グリーンスムージー作りが面倒に感じている人は、時短できるポイントがないか検討してみましょう。

 

忙しい人でも続く!グリーンスムージー作りを時短するポイント


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています