グリーンスムージーは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

グリーンスムージー妊娠中授乳中健康維持や美容効果が高いグリーンスムージーですが、「妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なの?」という疑問をよく耳にします。

妊娠中・授乳中は赤ちゃんに悪影響がないか食べるものにもデリケートになりますよね。グリーンスムージーは好転反応などもあり、この時期に飲んでもいいか不安になる人も多いようです。

結論から言うと、グリーンスムージーは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫なのですが、いくつか気をつけるべきポイントがあるので紹介します。




基本的には飲んでも大丈夫。だけど飲み方に気をつけよう

グリーンスムージー妊娠中グリーンスムージーは日常的に口にする食材から作られるので、基本的に妊娠中・授乳中に飲んでも問題はないと考えられています。

妊娠中に控えたほうが良い食べ物は、生の魚介類や生肉や生卵、カフェインなどが有名ですが、これらの材料がグリーンスムージーに使われる事は無いと言って良いので、基本的に飲んでも問題ありません。

 

グリーンスムージーの飲み方に気をつけよう

材料的には問題ありませんが、グリーンスムージーは冷たい飲み物なので、身体を冷やしてしまい、いわゆる冷えの状態になってしまうケースがあります。特に気温の低い冬場は要注意。

作ってから少しだけ間を置いたり、口の中に含んでしばらく噛み砕くようにしてから飲むようにするなど、飲み方に注意しましょう。

 

ダイエット目的はNG。栄養補給の目的で飲もう

グリーンスムージー妊娠中当たり前の話ですが、妊娠中のダイエットなどはもっての他です。

妊娠中でも体型を維持したい、という気持ちはよくわかりますが、一番大事なのは赤ちゃんとお母さんの健康です。

ダイエットの事は考えず、しっかり栄養を摂ることを考えましょう。グリーンスムージーは栄養補給にはもってこいなので、グリーンスムージーを飲んで、食事もしっかり摂る。この両立が大切です。

 

市販のグリーンスムージーの場合は要チェック

グリーンスムージー妊娠中市販で売られている粉末タイプのグリーンスムージーの場合は、成分表や注意書きを良くチェックしましょう。

栄養補給の目的で飲む分には、粉末タイプのグリーンスムージーでも基本的には飲んでもOKです。が、中には添加物などを含んでいる商品もあり、妊娠中・授乳中は控えてください、という商品もあるので、注意が必要です。

 

ママさんの為に健康をサポートする葉酸グリーンスムージー

添加物や保存料を含んだグリーンスムージー商品が多い中、ママさんの為に健康をサポートする為のスムージーが発売されました。

妊活中や妊娠中に必要な葉酸や鉄分、ミネラル補給を第一に考えられたグリーンスムージーで、添加物0、保存料不使用なのが特徴。グリーンスムージーのブランドとして有名な「natural healthy standard」シリーズというのも信頼感があります。

食べ物に気を使う時期にも安心して飲めるのが良いですね。栄養補給でグリーンスムージーを飲んでみたい、という人に検討してほしいグリーンスムージーです。

 

グリーンスムージーは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫? まとめ


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています