寒い冬はホットグリーンスムージーでほっこりダイエット!

ホットグリーンスムージー冬の寒い時期になると、冷たいグリーンスムージーを続けるのはツライですよね。健康の為に飲んでいるのに、お腹が冷えて体調が悪くなってしまったり、代謝が悪くなってしまっては本末転倒です。

冬場にグリーンスムージーを続けるのはちょっとなあ、という人は作り方に工夫をして温かいグリーンスムージーを作ってみましょう。

ここでは、オススメのホットグリーンスムージーレシピを紹介したいと思います。




小松菜のホットグリーンスムージーレシピ

ホットグリーンスムージー材料(1人分)
・小松菜(100g)
・鶏がらスープの素(小さじ1/2)
・無糖ヨーグルト(大さじ1/2~1杯)
・水(150cc)

作り方
1:小松菜を耐熱容器に入れてレンジで2分ほど加熱。
2:小松菜の熱さが少しひいたら、材料をすべてミキサーに入れて撹拌。
3:撹拌が終わったら、電子レンジで1分加熱、または鍋に移して温めたら出来上がりです。

 

小松菜は熱を通すと苦味が消えるので、加熱するのがポイント。ヨーグルトと小松菜でポタージュのように飲めるので、寒い冬の朝にオススメのレシピです。

 

ほうれん草のホットグリーンスムージーレシピ

bhot2015y01m28d_161339484

材料(1人分)
・サラダ用ほうれん草(100g)
・りんご(1/2個~1個)
・生姜(適量)
・水(100cc)

作り方
1:サラダ用ほうれん草を撹拌しやすいようにザク切りに。普通のほうれん草を使う場合は熱を通しましょう。
2:りんごは一口大にカットします。皮はそのままでOKですが、よく洗っておきます。
3:生姜は適量をすり下ろします。すり下ろした方が風味が良いですが、なければチューブで代用も可。
4:材料をすべてミキサーに入れて撹拌。
5:撹拌が終わったら、カップに移してレンジでチンして温めれば完成。

 

こちらのレシピの方が小松菜よりもグリーンスムージーっぽいですね。とろっとしてますが、りんごの甘さと生姜の風味で美味しくいただけます。少しハチミツを加えても美味しく飲めますよ。

ちょっと青臭いかな、と感じる人はほうれん草の量を減らして作ってみましょう。

 

工夫次第で寒い冬でもグリーンスムージーを楽しめる

ホットグリーンスムージーどうしてもグリーンスムージーは冷たい飲み物という意識があるので、寒い冬場に飲むのはちょっと、となりがちですが、作り方をちょっと工夫すればホットスムージーとして楽しむことができます。

せっかくグリーンスムージーを習慣として続けてきたのですから、寒くなったからという理由でやめてしまってはもったいないので、ホットグリーンスムージーで美容に気を使いながら寒い冬を乗り切りましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています