要注意!?グリーンスムージーにほうれん草を使う時のポイントとは

グリーンスムージーほうれん草グリーンスムージーを作る時の定番の材料として小松菜やほうれん草がありますが、ほうれん草を使うときはちょっと注意が必要です。

生のほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれていて、このシュウ酸を多く摂ってしまうと結石ができてしまったり、健康を損ねてしまう可能性があります。健康やダイエットの為に飲んでいるのに、健康を損ねてしまっては元も子もないですよね。

ほうれん草をグリーンスムージーの材料に使う時は、作り方や素材選びに注意する必要があります。




ほうれん草に含まれるシュウ酸とはどういうもの?

シュウ酸は一部の野菜に含まれるものです。このシュウ酸はカルシウムとひっつく性質があり、シュウ酸とカルシウムがひっつくことで、腎臓結石や尿管結石になる可能性があります。

ホウレンソウにはシュウ酸が多く含まれており、度を越えて多量に摂取し続けた場合、カルシウムの吸収を阻害したり、シュウ酸が体内でカルシウムと結合し腎臓や尿路にシュウ酸カルシウムの結石を引き起こすことがある。

引用元:wikipedia

ほうれん草のグリーンスムージーを毎日飲む人だと、シュウ酸の過剰摂取となってしまうケースもあるので注意が必要です。

 

ほうれん草が持つシュウ酸は水に溶ける

このシュウ酸は水に溶ける性質をもっているので、ほうれん草を茹でる事でシュウ酸を減らすことができます。

シュウ酸を体内に取り入れない事が重要ですので、ほうれん草でグリーンスムージーを作る際には一度茹でた物を使うなどの工夫が必要になります。

 

サラダ用ほうれん草を使うのもアリ

毎日グリーンスムージーを作る場合、その度にほうれん草を使うのは手間ですよね。グリーンスムージーを習慣化するには、手間を減らすのは重要なポイントです。茹でるのが面倒な人は、サラダ用ほうれん草を使いましょう。

サラダ用ほうれん草は水耕栽培で作られていて、一般のほうれん草よりもシュウ酸が少ないです。生食することもできるので、そのままミキサーに入れることもできて便利。

手間を減らしたい人はサラダ用ほうれん草を使ってグリーンスムージーを作りましょう。

 

ほうれん草は栄養素が豊富でグリーンスムージーに適した材料

グリーンスムージーほうれん草シュウ酸とか面倒だからほうれん草を使わずにグリーンスムージーを作ればいいんじゃないの?と思われるかもしれません。確かにほうれん草を使わずに作るというのもアリなのですが、ほうれん草は栄養素が豊富な食材です。

ほうれん草はビタミンAや葉酸が豊富な食材。鉄分の吸収を促進してくれて貧血予防にもつながります。

グリーンスムージーの材料に使うには一癖あるほうれん草ですが、栄養が豊富な食材なので、是非グリーンスムージー作りに取り入れてみましょう。

 

要注意!?グリーンスムージーにほうれん草を使う時のポイントとは まとめ


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています