食べる順番に気をつけてる?ダイエット成功の為には食べる順番を意識しよう

sa1180_009485外食にいって、料理が出てきた時は思わずメインからがっつきたくなりますよね。でもちょっと待って!

実は食べる順番を変えるだけで、脂肪がつきにくくなるという研究結果があります。

普段気にせずに好きな順番で食事している人は一度意識してみましょう。では、具体的にどういう順番で食事をするべきなのか見て行きましょう。




まずは食物繊維から。サラダやスープなどから食べよう

ダイエット食事順野菜やきのこ、海藻などは食物繊維が豊富な食べ物です。

この食物繊維には、炭水化物からできる糖にひっついて体外へ排出しようとする力があります。

食物繊維を最初に食べることで、炭水化物を受け止める準備ができるわけなんですね。

メインのおかずに行くのを少し我慢して、まずはサラダやスープなどをお腹に入れましょう!

 

食物繊維の後にたんぱく質を

ダイエット食事順食物繊維の後ですが、炭水化物の前に、肉や魚などのいわゆるメインディッシュを食べる方が良いです。

たんぱく質を食べる時はよく噛んで食べることを意識しましょう。

噛むのに時間をかけることでカロリー消費率があがるという研究結果もあるようなので、炭水化物の前にたんぱく質を意識しましょう!

炭水化物は一番最後に!

ダイエット食事順ご飯やパンなどの炭水化物は最後に食べるのが良いですね。

食物繊維の力がしっかりと働き、お腹の中で吸収が緩やかになります。

この順番を意識することで、同じ量を食べたとしても、身体の中で脂肪になりにくくなるんですね。

 

以上、少しでも太りにくくなる食事の順番でした。

食物繊維→たんぱく質→炭水化物

この流れを意識するようにしましょう!食事の仕方を余り気にしていない人は、是非一度取り入れてみてくださいね~。


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています