【ダイエット基礎知識】よく噛んで食べるのはダイエットにつながる?

nayami19m食事の時にちゃんと噛んで食べなさい、と言われた経験ありますか?

子供の頃に親から言われたことがある人は多いと思いますが、このよく食べるということは、実はだけでダイエット効果があるんですね。

今すぐ手軽にできるダイエット方法としてもオススメ。では、よく噛むとなぜダイエットになるのかを見ていきましょう。




よく噛むと、少ない食事量でもお腹がいっぱいに

sa1180_009485

人間の脳には満腹中枢という機能があります。

この満腹中枢というのは、食事によって体内に入ってくる糖質の量に応じて、

もう十分食べたよ~、とか、もうちょっと食べたほうがいいかな?

といような指令を送る機能の事です。

 

よく噛むと唾液の分泌がよくなって、糖分がしっかり血液に吸収されるようになるので、今までよりも早く満腹中枢が刺激されます。

そうすると、少ない食事量でも満腹中枢が刺激され、今までより少ない食事量でもお腹がいっぱいになり、ダイエットにつながる、という訳ですね。

 

噛むことでカロリーの消費率が上がる?

ダイエットよく噛む良く噛んで食事をすることで、そうしない人よりもカロリー消費量が約10%程、燃焼効率が上がるという研究結果もあります。

満腹中枢が刺激されるだけでなく、カロリー消費にも影響があると言うことを理解しておきましょう。

よく噛んで食べるというのは栄養学の観点から見ても体に良いので、普段意識をしていない人はしっかり噛んで食べるようにしましょう。

 

目安は1口で20回~30回噛む

どの程度噛むとダイエット効果が得られやすいかと言うと、1口で20回~30回程度と言われています。

これはほとんどの食べ物が、このくらい噛むことで小さく砕かれて吸収しやすい状態になると言われている為です。

最近の食べ物は柔らかくて、よく噛まなくても飲み込める物が非常に多いので、余り意識してなかった人は、噛む事をしっかり意識してみましょう。


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています