グリーンスムージーを作る時、キャベツを入れたらダメなの?

グリーンスムージーキャベツキャベツはビタミンが豊富で栄養価が高い野菜なので、グリーンスムージーのレシピに適しているように感じますよね。

しかしキャベツはグリーンスムージーに入れたらダメ、という情報をよく耳にします。

結論から言うとキャベツはグリーンスムージーに使わないほうが良いです。

なぜキャベツをグリーンスムージーに使ってはいけないのでしょうか。




キャベツはフルーツとの食べ合わせが悪い

グリーンスムージーキャベツグリーンスムージーはフルーツと野菜を使って作る飲み物ですが、キャベツはフルーツとの相性が良くありません。

相性が悪い理由はキャベツが含むでんぷん質。

でんぷん質を多く含む野菜とフルーツが合わさると、腸内でガスが発生しやすくなり、健康効果が損なわれる恐れがあります。

せっかく健康・美容を気遣って飲んでいるのに、効果が損なわれてしまう可能性があるのでキャベツはグリーンスムージーを使わないようにしましょう。

 

でんぷん質が豊富な野菜はグリーンスムージーに使わないほうがいい

グリーンスムージーキャベツキャベツだけに限らずでんぷん質を多く含む野菜はグリーンスムージーには使わないほうが良いですね。

でんぷん質を多く含む代表的な野菜

にんじん、ビーツ、ブロッコリーの茎、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、白菜、ナス、カボチャ、オクラ、さやエンドウ、トウモロコシ、 緑豆

といった野菜ですね。

グリーンスムージーのレシピとしてはメジャーではないので使う事は少ないと思いますが、一応注意しておきましょう。

 

グリーンスムージーを作る時、キャベツを入れたらダメなの?まとめ


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています