グリーンスムージーは赤ちゃんや幼児に飲ませても大丈夫?

グリーンスムージー幼児飲ませるグリーンスムージーの豊富な栄養をかわいい我が子に摂ってほしい、と考えるお母さんは多いですよね。

新鮮なグリーンスムージーは、作る時にしっかりすり潰されるので離乳食として使える気がしますし、フルーツが入っているので野菜嫌いなお子さんでも飲めそうですよね。

離乳食を口にする頃になれば、グリーンスムージーは飲ませても基本的には問題ありません。

ですが、気をつけるべきポイントはあるので、グリーンスムージーを飲ませる時は抑えるべきところを意識しておきましょう。




使う野菜はほうれん草や小松菜がオススメ

グリーンスムージー幼児飲ませるまずグリーンスムージーに使う野菜は、赤ちゃんに飲ませる場合はほうれん草や小松菜がオススメ。

ほうれん草や小松菜は、母乳に含まれない鉄分を豊富に含んでいます。

血を作る鉄分は赤ちゃんに重要な栄養素なので、母乳やミルクで補えない栄養素を含む野菜を使うことを意識しましょう。

 

アレルギー反応が出ないか注意しよう

グリーンスムージー幼児飲ませる次に注意したいのが野菜や果物のアレルギー反応です。

赤ちゃんの頃は大人のように免疫力が発達していないので、アレルギー反応が出ることが多くあります。

特にこれまで食べた事のない食材を使う時は要注意。

少量ずつ食べさせてあげて、アレルギー反応が出ないか様子を見ながらグリーンスムージーを飲ませるようにしましょうね。

 

ミキサーでしっかりすり潰そう

グリーンスムージー幼児飲ませるあまりパワーのないミキサーでグリーンスムージーを作る場合は、うまく混ざらず、食材の固まりができる場合があります。

咽で詰まったりする危険があるので、ミキサーで撹拌する時にしっかり混ざっているか確認しましょう。

ミキサーに入れる前に細かく刻んだり、食材をすりおろしたり、一手間かけるようにした方が安全です。

面倒かもしれませんが、可愛い我が子の為に飲みやすい工夫をしてあげましょう。

 

ぬるめのグリーンスムージーを飲ませてあげる

グリーンスムージー幼児飲ませるグリーンスムージーを作ったばかりの冷たい状態は、赤ちゃんにとっては身体が冷えてしまい、良くありません。

ぬるめの水を使って作ったり、作ってから少し置いてからグリーンスムージーを飲ませてあげる、という工夫をしましょう。

作ったばかりの冷たいグリーンスムージーを飲ませないように注意しましょうね。

 

食べやすいように工夫をしよう

グリーンスムージー幼児飲ませる離乳食を食べている頃はグリーンスムージーをそのまま飲むのは難しいかもしれません。

そんな時は片栗粉を少し入れてなめらかにしてあげるのも一つの手ですね。

また、乳製品が大丈夫なのであればヨーグルトを混ぜてあげるのもオススメです。

食べやすい状態にして、様子を見ながら少しずつあげるようにしましょうね。

 

グリーンスムージーは赤ちゃんや幼児に飲ませても大丈夫?まとめ

 

以上、グリーンスムージーを赤ちゃんに上げる時の注意点でした。

幼少期はアレルギー反応が出やすいので、しっかり注意してグリーンスムージーを飲ませてあげる事を心がけましょうね。


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています