グリーンスムージーを作るとコストがかかる!抑える方法は無いの?

グリーンスムージーコストグリーンスムージーを始めるにあたって気になるのがコストですよね。

毎日自作しようとすると、葉野菜とフルーツを用意するだけでも意外とお金がかかってしまいます。

体に優しいのはわかるけど、お財布には優しくない!お財布にも優しくならないものか!という人の為に、グリーンスムージーのコストを抑えるポイントを紹介したいと思います。

グリーンスムージーに興味のある人は是非一度チェックしてみてくださいね。




冷凍可能な食材を上手に使おう

グリーンスムージーコストグリーンスムージーに使うフルーツは、安い日にまとめて購入して冷凍保存をしておくと、コストが抑えられます。

冷凍保存する際は、一回分の分量ですぐにミキサーにかけれるようにカットして冷凍保存しておくと、作る時の手間も抑えられてオススメです。

冷凍保存しておくオススメのフルーツは、

・バナナ
・イチゴ
・キウイ
・ブルーベリー
・マンゴー
・パイナップル
・桃

などです。基本的な保存方法は、一口大にカットして冷凍用保存袋に入れて空気を抜けばOK。

業務用スーパーなどで売っているミックスベリーなどのすでに冷凍されている商品を使うのもオススメです。

 

 

野菜を残さないよう上手に使う

グリーンスムージーコスト1人分や2人分のグリーンスムージーを作る時って、葉野菜はあまり使いませんよね。

グリーンスムージーを作るためだけに葉野菜を購入すると、使い切れずに余らせてしまったり、傷んで捨てるはめになる事も。なので野菜を残さないよう、上手に使いましょう。

ポイントは料理とグリーンスムージーの両方に使えるように献立を考えてみましょう。

 

理想的には一種類の野菜を使い続けない

実は一種類の野菜を摂り続けるのは身体に良くない可能性がある、と最近の研究結果が報告されています。

葉野菜にはアルカロイドと呼ばれる成分が少量含まれていて、一種類の食材を毎日食べ続けると、それが体内に徐々に蓄積されて体調不良を招く可能性があります。

なので、グリーンスムージーを作る時は絶対小松菜を使う!と決めつけずに、たまにほうれん草に変えたりといった工夫をした方が良さそうです。

 

粉末のグリーンスムージーを利用するのも手

グリーンスムージーコスト粉末タイプのグリーンスムージーは一杯あたりのコストが安いので、粉末タイプのグリーンスムージー商品を利用するのも手です。

食材の買い出しする手間や、作る手間もほとんどなくなるので、仕事が忙しくてなかなか時間が作れない、という人にオススメ。

1日おきに自作グリーンスムージーと粉末グリーンスムージーを交互に飲むというのも良い方法です。

葉野菜と果物を毎日使うとなると、どうしてもコストはかかってしまうので、粉末グリーンスムージーの利用を検討してみましょう。

 

グリーンスムージーを作るとコストがかかる!抑える方法は無いの?まとめ


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています