グリーンスムージーを習慣にするには朝に飲むのを心がけよう!

グリーンスムージー習慣グリーンスムージーが美容や健康に良いと言っても、作る手間や買い出しの手間が面倒になって、作るのをやめてしまう。そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

グリーンスムージーは飲むタイミングに関わらず効果が期待できますが、グリーンスムージーを習慣にするには朝に飲むのがオススメ。

ここではグリーンスムージーを習慣にする為のテクニックを紹介したいと思います。




人間の意志力は朝が一番強い

グリーンスムージー習慣何か新しいことを始めるには意志の力が重要です。

人は日々の生活の中で、意志力を使って活動しています。家事や仕事、育児など、ストレスを感じて投げ出してしまいそうになっても、意志の力や習慣の力で行動している訳です。

なので、仕事が終わって帰宅した後は脳も疲れていて、意志の力が弱くなっています。

その為、何か新しいことを始めようとしても、面倒だし今日はいいかな・・・、というような事になりがちなのです。

弱った意志の力は、睡眠をとると回復するので、朝が一番意志の力が強いんですね。

なので、グリーンスムージーを習慣にするには、意志力の強い朝に飲むようにするのがオススメです。

 

グリーンスムージーを朝に飲むと期待できる効果

グリーンスムージー習慣グリーンスムージーは朝に飲むからこそ期待できる効果がいくつかあるので紹介したいと思います。

朝食の時間を短くできる

普段しっかり朝食を食べている人は、グリーンスムージーに置き換える事で朝食を作る時間を短縮する事ができます。

パンを焼いたり、目玉焼きを作ったりしている人は、グリーンスムージーを作る方が忙しい朝の時間を短縮できるのでオススメです。

 

美容の大敵、便秘の改善が期待できる

朝食は朝のお通じを良くするのに重要です。朝食を抜いてしまうと、胃腸の活動が少なくなってしまい、便秘になりやすいと言われています。

便秘にならないよう大切なのは、ご存知の人も多いと思いますが食物繊維です。

グリーンスムージーは食物繊維が豊富な食材を良く使うので、便秘の予防・改善の効果が期待できます。

グリーンスムージーによく使われる食材、バナナは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランス良く含んでいて、便をかさ増しして柔らかくしてくれるので、お通じを良くしてくれます。

朝のお通じを良くしたい人は、グリーンスムージーを朝に飲む習慣を身につけましょう。

 

空腹感を我慢しやすい

朝にグリーンスムージーを飲む方が、夜に飲むよりも空腹感を我慢しやすい(食べ物の誘惑に負けにくい)です。

仕事をしている人であれば、仕事中に食事をする訳にはいかないので、空腹感を我慢できます。

夜にグリーンスムージーを飲む場合は、時間に余裕があったり、疲れて意志の力が弱くなっているので、食べ物の誘惑に負けてしまう事が多くなってしまいます。

なので、グリーンスムージーを習慣にする為には、夜ではなく朝に飲むようにしましょう。

 

グリーンスムージーを習慣にして美を手に入れよう

グリーンスムージー習慣グリーンスムージーを習慣にする事ができれば、美容やダイエット効果が期待できます。

朝に準備するのは大変な気もしますが、慣れれば意外と時間がかからないし、時短できるように前日に準備しておく事もできます。

グリーンスムージーをはじめてみたけど、ついつい面倒で作らなくなってしまう、という人は朝に飲むのを心がけて習慣化しちゃいましょう!

 関連記事

忙しい人でも続く!グリーンスムージー作りを時短するポイント
グリーンスムージーを作るのって結構手間ですよね。材料を準備して、野菜のへた取ったり、果物の皮向いたり、忙しい朝に作るのは大変。つい面倒なのが勝ってしまって、グリーンスムージー作りを……

 

グリーンスムージーを習慣にするには朝に飲むのを心がけよう!まとめ


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています