頭が良くなる?子供に飲ませてあげたいグリーンスムージーとは

頭の良くなるグリーンスムージー食育最近、食育という言葉をよく耳にしますよね。健康的な身体作りの為に、子供の頃から食に対する知識を少しずつ教えてあげて、将来に役立てる為の教育の事を食育と言います。

実際、スポーツをやっている人などに食育は非常に注目されていて、若い頃の食生活の結果でスポーツの結果が大きく変わると言われています。

スポーツだけでなく、勉強をする上でも欠かせないと言われている食育。成長途中の子供の脳をより活性化してくれるような食育を考えているママさんも多いのではないでしょうか。

そんなママさんにオススメなのがグリーンスムージー。美容やダイエットの為の飲み物というイメージがありますが、実は食育のために子供に飲ませてあげるのに適した飲み物だったりします。

ここでは子供に飲ませて上げる時にグリーンスムージーのポイントとおすすめレシピを紹介したいと思います。




まずは脳を働かせるエネルギー、糖分が大切

頭の良くなるグリーンスムージー食育頭を効率良く働かせるために必要なのは糖分です。糖分は米や麺類、イモ類などに多く含まれていますが、学校に行く前の朝に食べるのはなかなか難しいですよね。

そんな時にオススメしたいのがバナナです。バナナは糖分を豊富に含んでいるフルーツで、食物繊維なども多く腹持ちも良い食材。

一日の活動の栄養源として非常に適した食べ物です。グリーンスムージー作りにぴったりの食材なので、バナナを使ったグリーンスムージーを飲ませてあげるのがオススメです。

 

脳神経を活性化させてくれるマグネシウム

頭の良くなるグリーンスムージー食育次に意識したい栄養素がマグネシウムです。マグネシウムは糖分と一緒に摂ることで、糖分を分解してエネルギーを生み出す酵素の働きを助けてくれます。

脳全体が活性化する効果があると言われており、学習能力や記憶力の向上が期待できます。

学校に行く前の朝食で糖分とマグネシウムを合わせて摂ることで、頭がよりクリアな状態で授業を受けることができる、という訳ですね。

マグネシウムはグリーンスムージーに使う代表的な食材、ほうれん草に多く含まれています。

またマグネシウムは加熱すると栄養分が失われやすいので、グリーンスムージーにして飲むのがオススメです。

 

記憶力向上の助けになるDHAとビタミンC

頭の良くなるグリーンスムージー食育次に意識したい栄養素がDHAとビタミンCです。

青魚などに豊富に含まれるDHAは脳神経の伝達を活性化して記憶力を向上してくれます。が、このDHAは体内で酸化しやすく、多く摂りすぎると身体に悪影響が出ることがあります。

このDHAの欠点を抑えてくれて、記憶力効果を高めてくれるのがビタミンCです。

ビタミンCはレモン、キウイ、いちごなどのフルーツに多く含まれています。レモン、キウイはグリーンスムージーの定番フルーツとも言えるので、非常に使いやすいです。

風邪予防にも効果的なので、ビタミンCを豊富に含む食材でグリーンスムージーを作ってあげましょう。

 

学習能力を高める為のおすすめグリーンスムージーレシピ

頭の良くなるグリーンスムージー食育【材料】

・サラダ用ほうれん草1~2株
・バナナ1本
・キウイ1/2~1個
・はちみつ少量
・水100ml

 

【作り方】

1:ほうれん草は軽く水洗いし、葉の部分をざく切りにする。
2:バナナ・キウイは皮をむいて一口大にカット。
3:材料をすべてミキサーに入れて混ぜれば完成。

 

子供でも飲みやすいような工夫をしてみよう

頭の良くなるグリーンスムージー食育成長途中の子供は好き嫌いが多く、野菜入りのグリーンスムージーは敬遠されがちです。

最初のうちはグリーンスムージーに慣れてもらうために、果物を多めにした飲みやすい甘めのグリーンスムージーがオススメです。

グリーンスムージーを飲んで、知らず知らずのうちに野菜を摂っていたら食の志向が変わって野菜が食べられるようになった、というケースも多いので、好き嫌いが多いお子さんにちょっとずつ飲ませてあげるのもオススメです。

グリーンスムージーを使ってお子さんに喜んでもらいながら食育をしてあげてもらえればと思います!

 

頭が良くなる?子供に飲ませてあげたいグリーンスムージーとは まとめ


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています