ミネラルやビタミンも3大栄養素と同じくらいダイエットに重要

sa0002_004127健康的にダイエットするには、3大栄養素の他にミネラルやビタミンも重要です。その重要性から、今ではこの2つも含めて5大栄養素と言われることもありますね。

ミネラルやビタミンが大事というのはもう常識ではありますが、具体的にどう重要なのかを改めてご紹介します。




ミネラル…無機物でも人間にとって欠かせない

sa0002_004122ミネラルとは人間の身体にとって欠かせない栄養素の事で、亜鉛やカルシウム、鉄分などの厚労省によって定められた13種類を指します。人間の体内で作り出せない物で、毎日の食事から摂取する必要があります。

主に、海藻や果物、レバーや豆類などに含まれています。

ミネラルの量が少ない:骨が弱くなる(骨粗しょう症)、貧血、脱毛など
ミネラルの量が多い :免疫力の低下、むくみなど

ミネラルは日常生活の中では摂取できない事も多いので、不足しがちな人はサプリメントなどでビタミンやミネラルを補うのも有効です。

 

ビタミン…身体の調子を整えてくれる栄養素

ビタミンは体の調子を整えてくれる栄養素で、13種類に分類されます。ミネラルと同様、体内で作られないので食べ物を通して摂取する必要があります。

多くの野菜や果物、肉や魚に含まれます。

ビタミンの量が少ない:肌荒れ、しみ・そばかす等の原因に
ビタミンの量が多い :頭痛・吐き気・下痢などのビタミン過剰症に

ビタミンには水に溶ける水溶性ビタミンと、脂と一緒に食べると吸収しやすくなる脂溶性ビタミンに別れます。

 

水溶性ビタミン

水溶性ビタミン尿として排出されやすく、身体の中に貯めておくことできないので、定期的に必要な量を取ることが望ましいです。

ビタミンB群、ビタミンC、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸 の9種類。

代表的な食べ物:肉、卵黄、レバー、チーズなど

 

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミン脂と一緒に食べると吸収率が上がり、体外に排出されにくくなります。摂り過ぎるとビタミン過敏症となり、頭痛や吐き気などの症状が起きることもあります。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類。

代表的な食べ物:レバー、緑黄色野菜、穀類など

 

 

以上、ミネラルとビタミンについてでした。3大栄養素と同じく、摂取量のバランスが重要です。適正量を見極めて摂取するようにしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています