有酸素運動の代表格、ウォーキングの効果

ウォーキングダイエットジョギングよりお手軽な有酸素運動として、ウォーキングを始める人は多いですよね。

ウォーキングは確かにダイエットに効果的なのですが、運動としては楽な部類に入るので、ある程度まとまった時間が欲しい所です。

ここでは、どのくらいウォーキングしたらダイエットに効果的なのかを紹介したいと思います。




ウォーキングの効果

ジョギングまず、ウォーキングすることでどのくらいカロリーが消費できるのかを見てみましょう。

体重50kgの人が1時間歩いた場合:158kcal
体重60kgの人が1時間歩いた場合:189kcal

あくまで目安ですが、このくらいのカロリー消費になります。

ジョギングや水泳などと比べると、1/3くらいのカロリー消費なので、有酸素運動としては非効率と言えます。

 

ウォーキングは続けやすいのがメリット

ウォーキングダイエットウォーキングは他の有酸素運動よりも楽な分、ダイエット効果は低いですが、楽な分続けやすいというメリットがあります。

ダイエットは継続してなんぼ、という所があるので、負担の少ないウォーキングを習慣にするのはダイエットに効果的です。

ウォーキングを習慣づけておけば、本格的に運動したくなった時の下地作りにもなりますしね。ジョギングや水泳などに移行しやすくなるのもメリットです。

 

ウォーキングは場所を選ばないのもポイント

ウォーキングウォーキングはただ歩くだけなので、場所を選ばないのもポイントです。通勤でも、帰りは一駅手前で降りて歩くだけでも、1ヶ月続ければ結構なカロリー消費になりますしね。

ジョギングや水泳なんかより始めやすいので、ダイエットをはじめたばかりの人にはオススメの有酸素運動です。

 

以上、ウォーキングの効果についてでした。

ウォーキングをする事で、健康的に痩せることができますし、適度に汗をかくことでむくみの解消、美肌効果なども期待できます。

有酸素運動の入門としてオススメなので、ダイエット中の運動に悩んでいる人は一度取り入れてみてくださいね。

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています