スクワットしても痩せない!?スクワットにダイエット効果はあるの?

スクワットスクワット15回=腹筋500回の効果がある、などと言われているようですが、残念ながらスクワットにはダイエット効果はほとんど無いと考えられています。

なぜならスクワットは無酸素運動の要素が強く、有酸素運動と比べると脂肪が燃えにくいからですね。では、スクワットをしても意味がないのか、と言うとそんなことはありません。ここではスクワットにはどのような効果があるかを紹介します。




スクワットはスリムな脚を手に入れるのに効果的

スクワットスクワットにはダイエット効果は低いと序段で言いましたが、脂肪を燃焼するという意味では有酸素運動が優れています。

では、スクワットをするとどういう効果があるのかというと、

・下半身の筋肉を鍛えることで脚痩せ効果がある
・筋力アップにより代謝が向上する

このような効果があります。特に脚痩せには効果的なので、キレイ痩せの為にダイエットと並行して取り入れておきたい運動です。

 

重いバーベルを持たなければスクワットをしてもムキムキにならない

無酸素トレーニングよくスクワットや腕立てをするとムキムキになるんじゃないか、という疑問を持つ人がいますが、いかにもなマッチョな筋肉は余程の負荷をかけない限りはなりません。

何も持たないストレッチや、軽めのバーベルを持ってのストレッチくらいでは筋肥大は起きませんので心配はいりません。

スクワットをすることで太ももが細く引き締まり、脚痩せやヒップアップに繋がるので、是非ダイエットと並行して取り組みましょう。

 

スクワットのやり方

スクワットは正しいやり方で行わないと、腰や膝に負担がかかってしまいますので、基本を守って行いましょう。

スクワットの基本姿勢

・脚は肩幅に広げる
・膝は少しだけ曲げる
・足先は少し外側に向ける
・背筋を伸ばし、視線はまっすぐ

これが基本姿勢です。この状態から、

1:息を吸いながら膝と地面が平行になるまで膝を曲げる。
2:息を吐きながら、膝が伸びきらない程度まで立ち上がる。

この繰り返しです。


スクワットをする時は膝がつま先より前に出ないように行います。膝を曲げるというよりは、お尻を後ろに引くというイメージですね。

そうしないと、腰や膝に負担がかかってしまうので、慣れていない人は要注意です。

 

以上、スクワットの効果と詳しいやり方を紹介しました。参考にしてみてくださいね!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています