冷え性の人はグリーンスムージーを飲むタイミングを考えよう

green7グリーンスムージーは冷たいので、身体を冷やしてしまいがちです。冬場ならなおさらですね。

冷え性の人は、作ってすぐに飲むと内臓が冷えて、代謝が悪くなってしまう事もあるので、グリーンスムージーの飲み方に工夫しましょう。

せっかくダイエットの為に飲んでいるのですから、しっかりダイエット効果が出るように意識しましょう!




グリーンスムージーで冷え性になるとどうなる?

stomach冬に冷たいスムージーを飲むと、内臓が冷えて、冷え性になることがあります。こうなると、代謝が悪くなり、便秘や不妊などの症状になる事があります。

夏が旬の果物は冷えの原因になる事もあるので、果物を使う人は、冬が旬の物を使いましょう。いちごやみかん、レモン、りんごなどですね。

 

グリーンスムージーを飲む時の注意点

green6

材料選びでも気をつけることはできますが、飲み方を工夫することでも、冷え性を予防できます。

常温の水で作る

冷蔵庫に入れている物ではなく、常温の水を使うようにしましょう。

皆さんされているとは思いますけども一応。

 

作ってから少し時間を置く

作ってすぐの時は冷えていますが、少し時間を置くことでぬるくしてから飲むことができます。

 

すぐに飲み干さず、口の中で時間を置く

口の中に含んでから少し時間を置くことで、体温によって温度があがります。

それから飲み干せば食道から胃に届いた時の冷えを緩和できます。

 

風呂あがりに飲む

グリーンスムージーの温度を下げるのではなく、自身の体温を上げてから飲む事でも冷えは緩和できます。

 

冷え性は悪化すると病気になる事も

冷え性は悪化すると血行不良になり、睡眠不足や腰痛、肩こりなどの症状が出る事も。

最悪の場合は病気になってしまう事もあるので注意しましょう。

ダイエットに悪影響!冷え性を甘く見てはいけない
私冷え性でさ~、という言葉を言ったり聞いたりしたことがある人はとても多いですよね。この冷え性、ほっておくと健康面やダイエット面で悪影響を及ぼしてしまうのです。冷え性が悪化して行き着……

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています