あれ、なんか体調が悪い?グリーンスムージーの好転反応とは

stomach健康的に痩せることができると言われるグリーンスムージーですが、グリーンスムージーを飲んでいると、下痢っぽくなったり、逆に便秘気味になったり、「なんかいつもと違うな」と、体調に変化を感じる時があります。

これはグリーンスムージーの好転反応と言われていて、これまで不足がちだった栄養素がしっかり供給されるようになったから起こる現象です。

身体には良い傾向なのですが、体調不良を引き起こす場合が多いので注意しましょう。




グリーンスムージーの好転反応って何?

battle人間の身体には老化や病気の原因になる活性酸素というものがあります。

この活性酸素は、紫外線や電磁波、タバコや排気ガスを浴びることで体内に発生するんですね。

グリーンスムージーには栄養素の高い酵素が含まれているんですが、これらは身体に害のある活性酸素を体外に追いだそうとします。

グリーンスムージーの酵素と活性酸素がケンカをはじめるわけですね。この影響で一時的に体調不良になることがあります。

この状態の事を好転反応と呼びます。

 

好転反応になったらどうするべきなの?

guts好転反応は、体内から活性酸素を追い出している時に起こる物なので、身体が慣れれば、以前より体調は良くなります。

なので、余り気にする必要はないのですが、人によっても体調不良の程度が違うので、気になる人は、

・グリーンスムージーを飲む量を減らす
・水を多めにする
・野菜の量を少なめにする

などの酵素の摂取量を減らす工夫をしましょう。徐々に身体を慣らしていくと好転反応による体調不良も和らぎます。

 

好転反応による一時的な体調不良は、身体が良い方向に向かっている証拠なので、不安に思わず、冷静に受け止めて、グリーンスムージー生活を続けましょうね。

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています